研究所紹介 代表プロフィール コンサルティング 講演/研修 研究員 お問い合わせ
木島英登バリアフリー研究所トップページ


Travel for All トップページ

世界の事例紹介 日本の事例紹介 日本のバリアフリーの特徴 豆知識 考察 リンク


LRT ライト・レール・トランジット

 
欧州の中規模都市や大都市郊外で急速に導入が進む、新型路面電車のこと。

 

利点  完全バリアフリーである。車いす、ベビーカー、高齢者も快適。
 路上が駅なので、スロープ設置だけで良い。
 工事費が、地下鉄の10分の1といわれる。安価である。
 駅間が短く、きめ細かい路線ができる。 
 自動車中心の町づくりから脱却できる。交通弱者を救える。
 パーク&ライドなど、市内中心部への自動車流入を防げる。
欠点  大量輸送に向いていない。 (逆に、本数は多く、利便性は高い)
 改札がないので、課金方法に工夫が必要。 (欧州では検札)
 道路を占有するため、渋滞が起きる。(総合的な交通政策が必要)

 
イタリア ベネチア  (2014年 撮影)

ベネチアの対岸にある町でLRT(ライト・レール・トランジット)、新型トラムが走っていました。カラーはベニス色。
段差のない完璧な公共交通。面白かったのは、専用レーンではなく、自動車もバスも同じ道路を走ること。
つまりバス停を、路面電車の電停と共同で利用する。バスへの乗り込みに段差がなくなります。

田舎町なのに、公共交通がある幸せ。すごいですね。

バス停の看板。T1が、LRTの路線。他はバスの路線案内。3本に1つがLRTといった感じ。
右側に、車いすマークがありますが、簡単にバスに乗れますよということ。1人で乗り降りできるのは簡単便利です。


フランス グルノーブル  (2013年 撮影)

バリアフリーな都市計画で有名なフランス、アルプス地方の街です。
人口15万人ですが、3本のLRTが走ってました。もう一路線も工事中。もちろん全てが完全バリアフリー。
日本だと、この規模の都市では電車はないでしょう。有り得ない公共交通の充実に感動しました。


フランス ストラスブール  (2008年 撮影)

LRTが普及するきっかけとして世界的に有名な街。 優れたデザイン、交通計画、利便性、見本となる施設です。
自動車を市内中心部に立ち入り禁止にするゾーニング、中央駅もデザインを統一しており、素晴らしい。


スペイン ビルバオ  (2007年 撮影)

グッゲンハイム美術館のある、デザインの街。 新型LRTが市内を走っています。


アイルランド ダブリン LUAS  (2007年 撮影)

2004年開通のLRT。レッドライン、グリーンラインの2路線。
段差の全くないバリアフリー構造。上下移動がないから楽チン。運行本数が多いので、とても便利です。


ギリシャ アテネ  (2007年 撮影)

2004年 オリンピック開催を機に、バリアフリーが進みました。 走っている場所は悪いですが、LRTも導入されています。
駅は路上で、乗りやすいので、便利です。 

 


オーストリア ウィーン  (2008年 撮影)

トラムは市民の足ですが、低床トラムは、ほとんど走っていません。ごく一部だけ。残念です。2008年訪問。
完全段差ゼロではなく、15センチほどの段差があります。ホームが低いからです。
乗降の際は、運転手が渡し板を電動で出すことになります。少し面倒です。


チェコ プラハ/オロモウツ  (2008年 撮影)

プラハ市民の足はトラムですが、低床は希少です。 2008年訪問時には、2路線のみ、本数も1時間に1本でした。。
地方都市オロモウツは、半分以上が低床トラム、新型LRTであり、非常に便利です。
ただし、いずれも乗場から15センチほど段差があるため、運転手が渡し板を操作して、乗り込むことになります。  


ドイツ フライブルク  (2008年 撮影)

大学の町。人口の多くない地方都市ですが、市民の足として活躍しています。細かく路線があるので、非常に便利です。
学生、高齢者、ベビーカーなど自動車を運転しない人にとっても便利。市内中心部も活気づいています。


オランダ アムステルダム  (2007年 撮影)

2001年に訪問したときは、トラムは低床はありませんでしたが、2007年は3割ぐらいが低床に変わっていました。
時代に合わせて、新しい車両を導入しているようです。

 


イラン マシュハド  (2012年 撮影)

イラン北東部、人口約250万人のマシュハド。シーア派の聖地であり、国中から多くの巡礼者が訪れる。
2011年にLRTが開通。半分以上が地下を通る。地上部分は高速道路の中州部分を走る。2路線が開通予定。
郊外駅はバスターミナルが直結されていてシームレスな移動も可能。バリアフリーも完璧。
  段差ゼロ。エレベーターも完備。感動しました。


富山ライトレール  (2007年 撮影)

日本初のLRT誕生。 2006年開業。コンパクトシティを目指し、導入されました。 詳しくは、こちら

 
広島電鉄  (2007年 撮影)

日本最大の路面電車の都市です。主要2路線で、低床トラムが走っています。 詳しくは、こちら