講演案内 旅グルメ レジャー情報 搭乗拒否問題 リンク集 問い合わせ

Travel for All トップページ目指せ100ヵ国!車イスでの世界旅行in English

旅コラム バリアフリー安宿情報 世界のバリアフリー事情 世界のカミキリ コカ・コーラ 旅のランキング


★ ターリー(定食) ★

インド

2006/01


インドといえばカレー。野菜や肉に様々な調味料を混ぜたマサーラーで味付けする。
複雑に絡みあったスパイシーな味わいは、脳髄を刺激してくれる。

ターリーとは定食のこと。注文もしやすく、種類も豊富で、旅行者に最適。
数種のカレー、ヨーグルト、スープ、デザート、煎餅、漬物などが盛られたお得な食事。

主食の米、ナン、チャパティ(発酵していないパン)、プーリー(揚げたチャパティ)は、
食べ放題なこともある。菜食主義者が多いインドでは、ベジタリアンのレストランが多く
ホテルなどの高級レストラン以外では、基本的にはターリーも野菜のみとなる。


ベナレスの駅前食堂で食べた初めてのターリー。
30ルピー(80円)で、スパイシーな煎餅(パパドゥ)が香ばしい。
豆スープ(ダール)は美味。野菜炒め(サブジー)も美味。チーズカレー(茶色)も美味。
ヨーグルトも口を和らげる。ナンも焼きたてホヤホヤ。至福なり。


アグラで食べたターリー。20ルピー(55円)。
カレーが辛いとき、ヨーグルトを混ぜてみるとマイルドな味になって食べやすくなります。
ベジタリアンは、肉や魚の代わりとして豆やチーズからタンパク質を摂取します


ジョドプールで食べたターリー。30ルピー(80円)。
この地方は主食が小麦。プーリー(揚げパン)を頼んだ。
ホテルの1階にある店は超繁盛。いつも満席状態。店員の動きも無駄がない。

インドのレストランは当たり外れが多く、まずいレストランもあるが(その代わり安い)、
こうやって大当たりの店で食べると感動して涙が出そう。
身体の隅々まで、マサーラーが身体に染み入り、脳を刺激してくれる。
日本とは違い、単純に繁盛している店に入るのが、美味しい飯にありつく方法。

併設のデザートショップも大人気。インドのスイーツも独自で美味しい。
写真は、果物の酸味が利いたヨーグルトクリーム。


インド一の大都会ムンバイのオフィス街で繁盛するレストラン。40ルピー(110円)。
ここではランチと呼ばれていた。お客(ビジネスマン)の半数以上がランチを注文。
見てください。6種類もの野菜カレーとスープ。3種類のスイーツ。
めちゃめちゃ美味しくて感動。ついつい食い過ぎになってしまう。


ゴアの安食堂。ここでもランチと呼んでいた。20ルピー(55円)。
安食堂だとカレーに具はほとんど入っていない。汁だけのカレーは美味しくない。この店もそうだった。
15ルピーの店も多いけど、味は値段に相当する。物価がとても安いのでケチるのは損。


ヴァスコ・ダ・ガマ 地元民で賑わう路地裏の安食堂。22ルピー(60円)。
4種のカレーに、ヨーグルトとスイーツがつく。人気店はやっぱり美味しい。
スイーツも甘くて美味しい。ヨーグルトの酸味も抜群。米も美味しいです。


南インド。ホスペットのホテルにある高級レストラン。80ルピー(220円)。
町で一番のホテル&レストラン。酒が飲めるレストランは超満席。私も相席させられた。

最も高いスペシャルターリーを注文。カレーはノンベジで、チキン2種とマトン。
ワンタンスープもついてきた。米はプラオ(炊き込みご飯)で、ほっぺが落ちる。完食。

高級店といえども、なんでこんなに安くて美味いのか。毎日食べたいぐらいです。
ホテルの外にある同じ経営の超安価なファーストフードも大繁盛でした。


バンガロールのレストラン。南インドではターリーではなく、ミールスと呼ぶ。
高級ミールスを頼んだ。80ルピー(220円)。でも高いだけだった。標準ミールスは25ルピー。
主食の米とは別についてくるプラオ(炊き込みご飯)は、最高に美味い。


旅行の最終日。バンガロールのレストラン。超繁盛店をうまくみつけた。
3種の野菜カレー。2種のスープ。ヨーグルト2種。スイーツ。プラオ(炊き込みご飯)。
これでたったの22ルピー(60円)なり! 信じれない安さと美味しさ。 インド最高です!  
 

(余談)

初めてのネパール&インドの1ヶ月旅行の間、本当に好きなものを食べてましたが、珍しく?一度もお腹を壊しませんでした。1年前にバングラディシュを10日間旅行したときは、路上のカレー天ぷらにノックアウトされ、考えられないような腹痛に見舞われましたが、免疫がついたのでしょうか。非常にラッキーでした。


2008年1月 2度目のインドは南へ。南インドでは、バナナの葉を皿代わりに使います。
ターリーとは呼ばずに、ミールスと呼びます。ご飯、カレー、食べ放題です。 ナンはありません。


旅グルメ

Travel for All トップページ