研究所紹介 代表プロフィール コンサルティング 講演/研修 研究員 お問い合わせ
木島英登バリアフリー研究所トップページ


Travel for All トップページ

世界の事例紹介 日本のバリアフリーの特徴 豆知識 考察 リンク

 
出雲大社

2005年

自然な形でバリアフリーがなされています。景観を壊さないように配慮されています。
駐車場(無料!)からも段差なく快適に観光できます。

 

おみくじ 50円とは、安いですね。
駐車場も無料だし、神社なので拝観料も無料だし、値段が安いのも立派なバリアフリーですね。設備があっても高ければバリア。

 

段差や、敷居をうまくバリアフリーにしています。
違和感のないデザイン。別離ではない同じ順路。さりげない配慮は素晴らしいです。

 

ところで、駐車場の位置にはがっかりでした。
本殿のすぐ横に停めれるのは便利なのですが、横から本殿に入るようなかたちで、簡単に到着できて風情なし。
正面の表参道など立派な道があるのに、そちらには人はほとんど無し。

駐車場から簡単にお参り。それは便利というのだろうか?
地元民は、さくっと便利がいいだろうが、観光客は表参道を歩いて、着いたほうが感動できると思う。

正面入口から南へ500メートルのところに、出雲大社駅があります。歴史ある建物で立派。
出雲大社へと続く道も、もう完全に廃れて消滅寸前だが、土産物や旅館があって、雰囲気がある。
この駅の周辺にも駐車場があれば、出雲大社への参拝もちょっと歩いてワクワクすると思う。

でも、ツアー旅行だと、点で廻るだけで、写真を撮って、土産だけ買ってくれたら嬉しいから、遠い駐車場はNGなのかも。
「行った」ということだけが目的の旅ではなく、そこで何を感じて、なにを思うか、肌で感じれる場所なのに、もったいない。
駐車場が出来て便利になったことで、逆に観光資源が失われてしまったような気がします。


2008年に出雲大社を再訪しました。
参道の玉砂利。中央部がネットを下に敷いており、高齢者、杖の人、車椅子の人がより歩きやすく配慮されていました。
掃除もしやすいのかもしれません。玉砂利と車椅子は相性が悪いため、別途、芝生側に舗装道も整備されています。

玉砂利は、神社という空間に欠かせないもの。
制約のある中で、端を舗装して、足腰の悪い人や、車椅子の人も参拝しやすいように整備がされていました。
景観を壊さないような、さりげない配慮。出雲大社のバリアフリー。嬉しい限りです。


 
※「神社仏閣のバリアフリー」参考リンク  博多祇園山笠櫛田神社 / 法隆寺 / 浅草寺