講演案内 旅グルメ レジャー情報 搭乗拒否問題 リンク集 問い合わせ

Travel for All トップページ目指せ100ヵ国!車イスでの世界旅行in English

旅コラム バリアフリー安宿情報 世界のバリアフリー事情 世界のカミキリ コカ・コーラ 旅のランキング

リンク画像:木島英登バリアフリー研究所

世界のバリアフリー事情

  ※車イスである私が旅行先で利用した交通機関の紹介です。 

Germany ドイツ

空港 ・空港はどこもバリアフリーでバッチリです。。
・空港への交通機関は基本は電車。もちろんバリアフリーです。
・フランクフルト空港のサービス、特別視なところがあり、ちょっと違和感ありです。日本的です。
・ルフトハンザ航空の利用、質問されたり、融通が効かなかったりと、面倒でした。
鉄道 ・多くの駅がバリアフリー。しかし古い駅など設備がないこともあります。
・地下鉄は段差なし。近距離、長距離電車も新しい車両は段差なし。古い長距離列車は階段。
・路面電車は、ノンステップで利用が便利です。市内観光などに積極利用。
・電車に自転車を積み込み人がとても多く、ベビーカー、車イスを含めてのバリアフリー設備。
・車イスだけの設備でなくユニバーサルなのが特徴です。
自動車 ・レンタカーしました。車道、歩道、自転車道と別れていて非常に運転しやすかったです。
・アウトバーンでは、すごく速い車がいました。
・高速道路の出口が番号表示で、外国人でもわかる標識になっています。
・多くの路線バスが、ノンステップバスになっていて便利になっています。
町並み ・歩道と自転車道がきっちり整備されていて、こんな快適なところはありません。最高です。
・自転車道で車イスをこげば、縁石の段差もなく快適です。
・車イスにとっては、自転車道があるのことが一番のバリアフリーだと思います。
トイレ ・ミュンヘン駅の障害者トイレで鍵が開けれなく往生しました。駅員に鍵をかりて利用しました。
・日本とドイツは似たような環境です。 車イス専用トイレが多いです。
・車イス対応でなくても広いトイレがたくさんあります。

電車、地下鉄、トラム、公共交通機関が非常に発達しています。ユニバーサルデザインが着実に浸透してきています。
しかしながら、障害者を特別視する風潮は残っており、サービス姿勢など隔離保護の意識を感じます。

 1994年 2004年 2008年 訪問 

ドイツ 旅コラム  /  バリアフリー写真

Travel for All トップページ