講演案内 旅グルメ レジャー情報 搭乗拒否問題 リンク集 問い合わせ

Travel for All トップページ目指せ100ヵ国!車イスでの世界旅行in English

旅コラム バリアフリー安宿情報 世界のバリアフリー事情 世界のカミキリ コカ・コーラ 旅のランキング

リンク画像:木島英登バリアフリー研究所

世界のバリアフリー事情

  ※車イスである私が旅行先で利用した交通機関の紹介です。 

USA 米国

空港 エスコート(介助)を断ることもできます。完璧な対応してくれます。
・飛行機が特別な交通機関ではないので、気楽に乗れます。施設も完璧。
・対応も簡単で、とってもいい感じ。自然な対応がすばらしいです。
鉄道 ・基本的にマイナーな交通機関。アムトラックも対応してくれます。
・サンフランシスコの地下鉄BARTは、エレベーターがあり問題ありません。
  他の都市の地下鉄は、古いところは設備がなく、新しいところには設備があります。
・欧州のように、LRTの設置も増えつつありますが、市民の理解は少なく、補助的です。
自動車 ・市内を走るバスには、ほとんど全部にリフトが付いています。近年は低床バスが主流に。
・長距離バスなどにも、リフトがついているものがあります。
・オートマチック車の国なので、レンタカーも借りやすい。価格も安いです。
・車イスごと乗れる自動車のレンタカーもあります。電動車イスも問題なし。
町並み ・スロープ(英語ではramp)が自然な形でつけられユニバーサルデザインです。
・ショッピングセンター、レジャー施設、各種建物、問題なく行けます。
・障害者用駐車スペースの数はとても多く圧倒されます。
・商店や建物の出入り口にも段差がないよう配慮されています。
・とってつけたようなスロープではなく自然で、配慮されていることも感じません。
トイレ ・ユニバーサルデザインです。理想です。アメリカは素晴らしいです。
・ほとんど全ての公共のトイレに”車イスでも使えるトイレ”があります。
障害者専用トイレはありません。誰もが使えるトイレです。よって豪華なトイレは無し。
・ただ広いだけなので、使いにくい人がいるかもしれませんが、最低限の使える保証が有ります。

アメリカに関しては何の心配もないですね。世界一のバリアフリー先進国です。理想的です。
ADA(アメリカ障害者法)にも、アクセス権(移動権)が保証されています。

 

◆◇◆ 州や地域によって、バリアフリーの状況も違っています ◆◇◆

サンフランシスコ バス、トラム、地下鉄、すべてバリアフリーですが坂だらけの街。
車イスには不向きです。郊外なら楽しめます。
ベイエリア
(北カリフォルニア)
全米で最もバリアフリーの進むエリア。自由な風土が特徴。人種差別も少ない。
自立生活する重度障害の方が多くいます。天候も良いです。
ロスアンゼルス 車が不可欠なところ。ビーチ、遊園地、ケディ美術館以外は観光は面白くない。
公共交通機関の地下鉄、バスは治安が非常に悪いです。
シアトル 海岸沿いで坂が非常に多い街。車いすで歩くのは大変。雨が多い。
全てのバスはアクセシブルで利用可能。LRTも2009年開業。
フェニックス リタイアした人たちが多く住み、高齢者比率が非常に高いところ。
よって、バリアフリーや、車イスに親切。MLBのキャンプで有名。
ラスベガス 徒歩で観光可能です。タクシーも使いやすい。なんの不自由もない。
お金を使わないと面白くないところ。誰もが楽しめるエンタメ都市です。
デンバー コロラド州は、車イスの人が多く住んでいる。
バリアフリーも進んでいる。アウトドアが好きにピッタリなところ。
ダラス でかすぎる。車社会。公共交通機関は皆無。
道に歩道がないところも多いし、保守的で人も親切でなかった。
ヒューストン 発展するテキサスの大都市。車社会も中心部にLRTがあり。
南部でありながら、先進的な地域。多国籍住民。医療産業が盛ん。
ニューヨーク 地下鉄は利用できないと思ったほうがいい。街も古く、段差多い。
バスはすべてリフトつき。マンハッタンでは24時間運行する路線があるので、移動はバスが便利。しかも車イスは無料で乗れる。
ワシントンDC 首都だけあって完璧。地下鉄、バス、すばらしいバリアフリー。
観光するところも集中しており、歩いて回れる。
ボストン 街が古いせいか、最悪のバリアフリー。地下鉄、トラム、利用できる駅は少ない。バスはリフトつき。東海岸は総じて悪い。
ボルチモア トラムが便利。観光するところはあまりない。
野球場は最高の建築とサービスなので、見逃さないように。
フィラデルフィア 地下鉄は、利用できないところばかり。バスで移動。
独立米国人でないので、あまり観光も楽しめない。
フロリダ 避暑地、老後に住むところだけあって、バリアフリーが進んでいます。
ただし車がないと移動できない。人々は保守的なのは少し問題。

 1993年 2001年 2008年 2010年 訪問 

アメリカ ホームステイ   ロッキー山脈 スキー旅行  /  バリアフリー写真

 
 2002年9月 ~ 2003年8月 留学 

私の米国滞在 雑誌の特集記事

米国留学記  /  学会発表資料「障害を持つ学生の受け入れ体制と組織」  /  米国留学報告書

カリフォルニア大学バークレー 障害を持つ学生の教育計画 日本語説明資料

Travel for All トップページ